いづう

若狭湾より運ばれる鯖を用いた寿司は、京都の祭りや町衆のハレの日に食されるご馳走であった。初代のいづみや卯兵衛がこれに着目し、江戸時代中期に専門店として創業した。名物は「鯖姿寿司」。脂ののった鯖と酢飯を昆布で巻き、旨みと風 … 続きを読む いづう