鮨 楽味

京都で日本料理を、東京で寿司を学んだ野村一也氏が語る“関西と関東のいいとこ取り”。白い酢飯が馴染む当地らしく、淡泊な魚に米酢の飯を合わす。一方、脂がのった魚には江戸前風に赤酢の飯を使う。握りの山場は、花形である鮪を三貫。 … 続きを読む 鮨 楽味