鮨 楽味

鮨 楽味

京都で日本料理を、東京で寿司を学んだ野村一也氏が語る“関西と関東のいいとこ取り”。白い酢飯が馴染む当地らしく、淡泊な魚に米酢の飯を合わす。一方、脂がのった魚には江戸前風に赤酢の飯を使う。握りの山場は、花形である鮪を三貫。最後はメープルシロップが香る玉子焼など、随所に工夫を凝らす。

clubmichelin.jp (2022)
鮨 楽味 内観
内観
鮨 楽味 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020 ★(NEW)

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜~土曜の昼, 日曜
予算 夜=25,000-28,000円
住所 京都市東山区三吉町 332-6