かんさいだき 本家 常夜燈

かんさいだき 本家 常夜燈

創業1945年、お初天神の庭師だった先代が、境内で暖簾を掲げたのが始まり。二代目が受け継ぐおでんの醍醐味は、鯛の頭と昆布から引いただし。えび天やひろうすなど、自家製の種を仕込む。魚のすり身を簀で巻いた「すまき」に、鱧を用いるのが関西ならでは。締めはおでんだしをかける茶飯が定番。

clubmichelin.jp (2022)
かんさいだき 本家 常夜燈 内観
内観
かんさいだき 本家 常夜燈 料理
料理
YEAR STAR
2022 ビブグルマン
2021 ビブグルマン
2020 ビブグルマン

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

火曜の昼, 木曜の昼, 土曜の昼, 日曜
予算 昼=1,000円
夜=5,000円
住所 大阪市北区豊崎 2-8-14
お店HP http://www.kit.hi-ho.ne.jp/jo-yato/