富小路 やま岸

富小路 やま岸

茶道、華道、書道に精通する主人。茶懐石の流れに沿い、炊きたての飯蒸しから始める。煮物椀の吸い地は、昆布と鰹の旨みのみ。寿司屋で学んだ経験を生かし、造りは塩で締め、うにの海苔巻を供す。一文字に盛った煮えばな、季節の菓子と薄茶は伝統に則したもの。気さくな振る舞いに心が和らぐ。

clubmichelin.jp (2022)
富小路 やま岸 内観
内観
富小路 やま岸 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

火曜
予算 昼=44,000円
夜=44,000円
住所 京都市中京区骨屋之町 560