味 ふくしま

味 ふくしま

お茶屋の女将に見出された料理長が腕を振るう。供するのは、素材の持ち味を引き出したおまかせのみ。春の筍は生の青海苔の餡かけや、焼筍と酢飯で寿司に。夏の鱧は、昆布締めと炙りの味比べができる。冬の雲子豆腐も定番の品。正統な日本料理だが、一捻り利かせている。親しみやすい接客も魅力の一つ。

clubmichelin.jp (2022)
味 ふくしま 内観
内観
味 ふくしま 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜の昼, 日曜
予算 昼=5,500円
夜=16,000円
住所 京都市東山区祇園町南側 570