capi

capi

イタリアン出身の小川大喜氏が料理ジャンルにとらわれなくなったのは、国産素材の特性を考え始めてから。和洋の調味料や手法を用いて独創的な料理を生む。鰻の炭火焼と和牛頬肉の赤ワイン煮を調和させた品はその代表例。濃厚な魚介スープで米を炊く、焼きリゾットはフレンチのブイヤベースに想を得た。

clubmichelin.jp (2022)
capi 内観
内観
capi 料理
料理
YEAR STAR
2022 ★(NEW)

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜~金曜の昼, 日曜
予算 昼=22,000-24,000円
夜=22,000-24,000円
住所 大阪市北区曽根崎新地 1-10-2 北新地PLACEビル 6F
お店HP https://capi-osaka.com/