祇園 鮨 忠保

祇園 鮨 忠保

古都の風情を残す花街で、江戸前の握りが楽しめる。長らく東京の寿司店で腕を磨いた主人。小肌や穴子をはじめ、魚介の多くを豊洲より仕入れる。最も重視する鮪は、専用の酢飯を別に仕込む徹底ぶり。葛でとろみをつけた煮鮑の小丼は、つまみの代表作。関西の食材にも目を向け、甘鯛なども扱う。

clubmichelin.jp (2022)
祇園 鮨 忠保 内観
内観
祇園 鮨 忠保 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

不定休
予算 昼=11,000円
夜=28,000円
住所 京都市東山区祇園町南側 572-9