一子相伝 なかむら

一子相伝 なかむら

屋号の「一子相伝」とは、門外不出の調理法という意味ではない。味噌や醤油が季節に応じて変わるように、代々の主人が塩梅しながら「なかむら」の味を守ってきたことを示す。白味噌雑煮は、甘味、塩味、酸味、苦味、旨味と五つが重なり合う。六代目中村元計氏が掲げる“五味調和”を見事に体現している。

clubmichelin.jp (2022)
一子相伝 なかむら 内観
内観
一子相伝 なかむら 料理
料理
YEAR STAR
2022 ★★★
2021 ★★★
2020 ★★★
不定休
予算 昼=26,000円
夜=38,000円
住所 京都市中京区松下町 136
お店HP http://www.kyoryori-nakamura.com/