木山

木山

席に着くと出される白湯も料理の繋がり。敷地内から汲み上げる井戸水を要とするからだ。木山義朗氏が心を配る煮物椀や、自ら点てる薄茶も水が源流。客前で鰹節を削り、だしを引く演出で目を奪う。削りたての数種の節を食べ比べたり、引き立てのだしを味見したり、献立の主軸であることを印象付ける。

clubmichelin.jp (2022)
木山 内観
内観
木山 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

不定休
予算 昼=13,000円
夜=25,000円
住所 京都市中京区絹屋町 136