京星

京星

祖父の代から受け継いできた手法を守る榊原俊徳氏。卵を使わない薄衣を種にまとわせ、独自に調合した油で揚げる。天つゆは出さず、自家製塩、レモン汁、大根おろしを合わせるのが“京星流”。ぐじを定番素材とするのが京都らしい。さつま芋にはブランデーと砂糖を用意するなど、随所に創意工夫を凝らす。

clubmichelin.jp (2022)
京星 内観
内観
京星 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜~土曜の昼, 日曜
予算 夜=14,000円
住所 京都市東山区祇園町北側 347-92