実伶

実伶

フランス人画家のミレーにちなむ店名は、南蛮文化の長崎で育った中尾雄三氏らしい発想。「実」りある食材を、雅楽を奏する「伶」人のように仕事をする。食べたいものは人それぞれと、多彩な一品料理を揃えて客を迎える。新玉葱や和栗などのすり流しは、旬を彩る名物。「あわびそば」は酒のお供におすすめ。

clubmichelin.jp (2022)
実伶 内観
内観
実伶 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜~火曜の昼, 水曜, 木曜~日曜の昼
予算 夜=8,000-17,000円
住所 京都市中京区竹屋町通室町東入亀屋町 143-2