なる屋

なる屋

料亭で京料理の伝統と革新を学び、ニューヨークで精進料理の板長を務めた主人。試行錯誤しながら野菜料理の可能性を広げてきた。上賀茂や城陽市の農家から仕入れた地野菜を多用する。鮪だしで炊いた聖護院蕪は冬の風物詩。春の朝掘り筍は酒と水で直炊きに。簡素に見える品々に料亭仕込みの技が冴える。

clubmichelin.jp (2022)
なる屋 内観
内観
なる屋 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜, 火曜~日曜の昼
予算 夜=23,000-40,000円
住所 京都市中京区堺町通錦小路上ル菊屋町 539-1