れんこんや

れんこんや

彦根藩士の長屋だった佇まいが昔懐かしい。板場に立つのは、実直な女将。鰹節は注文を受けてから削るなど、手間暇を惜しまない。看板料理は、先代の母から受け継いだ辛子蓮根。祖母の糠床で仕込む漬物も自慢の一品。何よりも持ち味が大切と、鰹だしに頼らず、素材そのもののだしを合わすことが多い。

clubmichelin.jp (2022)
れんこんや 内観
内観
れんこんや 料理
料理
YEAR STAR
2022 ビブグルマン
2021 ビブグルマン
2020 ビブグルマン

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜~土曜の昼, 日曜
予算 夜=4,000-5,000円
住所 京都市中京区山崎町 236