鮨 ほしやま

鮨 ほしやま

赤酢の酢飯に砂糖を使わないのは、江戸前寿司の伝統を尊ぶがゆえ。硬めに炊くことによって咀嚼の回数が増え、種と米の旨みが口中に広がる。酢飯あっての種ととらえ、白身は昆布締めにしたり、寝かしたりと一手間を加える。つまみの名物は、夏の蒸し鮑、冬はあん肝煮、初春の子持ち槍烏賊など。

clubmichelin.jp (2022)
鮨 ほしやま 内観
内観
鮨 ほしやま 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜の昼, 火曜, 水曜~日曜の昼
予算 夜=20,000-24,000円
住所 大阪市北区曽根崎新地 1-9-9 谷安ロワビル 3F