鮨 宮田

鮨 宮田

すし種の旨みを引き出す仕事は独自の研究による。例えば小肌なら、酢の塩梅を図り、しっとりとした身の食感と風味を生かす。夏は冷汁風の寿司、冬は蒸寿司など、握りの流れに抑揚をつける。手の込んだつまみも楽しみの一つ。中でも、焼物と酒肴を盛り合わせた八寸は左党に喜ばれている。

clubmichelin.jp (2022)
鮨 宮田 内観
内観
鮨 宮田 料理
料理
YEAR STAR
2022 ★(NEW)

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜~火曜の昼, 水曜, 木曜~日曜の昼
予算 夜=17,000円
住所 和歌山市広道 20