夕凪橋 多古安

夕凪橋 多古安

昭和4年創業より代々家族で切り盛りし、三代目の木村幸司氏が伝統の味を守る。ふぐは大きいほど旨みがあるという持論から、6㎏以上の天然物を扱う。ポン酢に漬けた皮は初代が考案した一品。だしに白子を溶いたちり鍋は、ふぐの季節が終わる頃、余った白子を味噌汁に合わせた賄い料理から生まれた。

clubmichelin.jp (2022)
夕凪橋 多古安 内観
内観
夕凪橋 多古安 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020 ★★

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

不定休
予算 昼=24,000-34,000円
夜=24,000-34,000円
住所 大阪市港区夕凪 1-15-5