是しん

是しん

板長の関根氏と給仕の大石氏は、料亭で苦楽を共にした仲。互いに「亭主」「主宰」と呼び合い、わび茶の精神で客を迎える。千利休が考案した八寸は常。静岡の魚、山葵、酒を扱うのは関根氏の郷土愛から。菓子は亭主、お薄は主宰による千家流。二人の流派も表と裏。板場と裏方、表裏一体となりもてなす。

clubmichelin.jp (2022)
是しん 内観
内観
是しん 料理
料理
YEAR STAR
2022
2021
2020

※この内容は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」発行時の情報に基づいています。

月曜の昼, 水曜の昼, 日曜
予算 昼=9,000円
夜=16,000円
住所 大阪市北区西天満 2-9-3 西天満大治ロイヤービル B1F